愛好歌「たいせつ」

公開日 2016年10月12日

taisetsu

愛好歌「たいせつ」

 作曲 吉俣 良
 作詞 鹿児島中央高校40周年愛好歌制作委員会
 編詩 うまごえ 尚子

いつまでも見つめていたいと、遠くから願った背中
無邪気な笑顔、輝いてたひとみ
永遠にこのときがあることを信じてた
開けない扉もどかしく、言えなかった言葉あるけれど
背中を押してくれたのは、大切なこの場所

いつか思い出すのかな、渡り廊下から見つめた
高く空に吸い込まれたボールを
春が来て夏が過ぎて、秋に会い冬が行くけれど
心は感じていた、春がもう来ていることを

涙ぐんだり笑ったり、声の向こうには友がいた
大切なことは、わかりあうことだと
そうだね、今なら素直にうなずける
叶わない望みはないから、どんな奇跡もおこせるから
キャンバスに描くのは、果てのないこの思い

いつか思い出すのかな、月明かりの下でひとり
深呼吸して星と話したこと
春が来て夏が過ぎて、秋に会い冬が行くけれど
本当は知っていた、同じ春は来ないことを

いつか思い出すのかな、同じ風が吹いたとき
背中を押してくれた大切な場所
春が来て夏が過ぎて、秋に会い冬が行くけれど
変わらないのはただ、春があふれてたこの場所

 

  • 愛好歌「たいせつ」楽譜(PDF)

taisetsu[PDF:98KB]

  • 愛好歌「たいせつ」音声(MP3) ※クリックすると再生されます。

taisetsu.mp3[MP3:815KB]

 

 

 

 

 

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード