電子機械系

公開日 2018年05月31日

 電子機械系では,機械技術と電子技術及び情報技術の融合したメカトロニクスに関する基礎的・基本的な知識・技術を習得するとともに,自ら発見して解決できる能力と態度を備えた創造性豊かなメカトロニクスエンジニアの育成を目指しています。
 座学では機械設計や機械工作,生産システム技術などを学習し,さらに創意工夫を生かした「ものづくり」を重視した実習・課題研究での作品製作を通して技術の向上に努めます。
 また,各種大会にも積極的に挑戦し,ものづくりコンテスト(旋盤作業),溶接技術競技会,高校生ロボット競技大会やマイコンカーラリー大会などに参加し,県・九州大会において上位の成績を収めています。
 資格検定においては,第2種電気工事士,2級ボイラー技士,機械製図検定,技能検定(機械加工・機械保全・機械検査)など実践的な資格を取得できます。
 ものづくりの理論を生かし,製作における工夫が自らできるようにして,「形ないものから形あるものへ自分の手で創造していく。」それが電子機械系の 目標であり,モットーです。

 

溶断実習 フライス盤実習
電子機械系 実習風景
溶断実習 フライス板実習

マシニングセンタ実習

旋盤実習
マシニングセンタ実習 旋盤実習