学校紹介

公開日 2016年09月21日

あいさつ 校長 原 口 和 哉


 義弘公の終焉の地,加治木島津家の屋形跡に本校はあります。
「文武両道」を旨とする「清新溌剌」「質朴剛毅」「堅忍不抜」の校是は,義弘公の往時を源とし,旧制中学の流れを経て現在に息づいています。
 正門を入ると,左手に立派な石碑が建っています。
「私の人間美学はここで形成された
 当時の校風が男はいかにあるべきかを私に教えた ……」
本校同窓の歴史小説家・海音寺潮五郎先生の碑文です。
30年余の風雪に耐え抜いた「人間美学」の4文字が今も私たちの魂を揺さぶります。
 「伝統に培い 伝統を創る」時を超え,世を超えて私たち人類に与えられた不変の命題を胸に,新たな加治木高校 を創成する所存です。
 本校は,地域の人々の教育に寄せる強い熱意を受けて,明治30年4月21日,鹿児島県尋常中学校第二分校として島津家縁のこの地,加治木町仮屋町で産声をあげ,栄えある歴史の第一歩を踏み出しました。その後,加治木高等女学校と併せて昭和23年4月加治木高等学校となり,現在に至るまで3万3千有余の有為の人材を世に送り出してきました。今年で創立120周年を迎えるとともに,この地の人々の期待を集める中心校として確固たる伝統を築いています。
 新制高校として出発してから長く校訓を持っていませんでしたが,平成に入って当時の校長の発案により「清新溌剌・質朴剛毅・堅忍不抜」の三条を校是として制定しました。これは創立80周年を記念して同窓会から送られた若人の像の碑文から採ったもので,本校がその歴史の中で培った精神を端的に表しています。
 今春の大学入学試験においては,東工大,東京外大,九大をはじめとする難関大,現役で医学部医学科2名が合格するなど国公立大学に200名近くが合格しています。一方,部活動も活発で全校生徒の90%以上が参加するなど,文武両道をめざしています。授業中の真剣な眼差しに触れ,放課後の学校に響き渡る部活動の声に耳を傾けていると,古い言い回しになりますが,まさに「青春時代を謳歌する」という言葉が思い出されます。
 本校の卒業生である海音寺潮五郎氏が「私の人間美學はここで形成された。」という言葉を残していますが,これからも日本を,世界を担っていける「知・徳・体」のバランスのとれた人材の育成を続けられる学校でありたいと願っています。
 今後とも,本校への御支援御協力をいただきますよう宜しくお願いいたします。
 

鹿児島県立加治木高等学校 校 長  原 口 和 哉

平成29年度 教育目標等の柱

目標イメージ

1 教育理念
 憲法及び教育基本法の精神に基づき,個性を啓発し,人格の完成をめざし,国家社会の進展に寄与するに足る有為な人材を育成する。
 校是に掲げてある「清新溌剌,質朴剛毅,堅忍不抜」の気風を養い,志操が高く気迫に満ちた人材の育成に努める。
2 教育目標  
 (1) 自発的・積極的な学習態度を育成し,自己教育力を高め,主体的に生きる力と豊かな創造力を涵養します。
 (2)  主体的に行動を律することができる自己管理能力の育成と,人権尊重の精神をもって活力と友愛に溢れた心豊かな人材を育成します。
 (3)  心身の鍛練をとおしてたくましい体力・気力を培い,国家社会の形成者たるにふさわしい有為の人材を育成します。
3 経営の中期目標(平成32年度末までに)
 (1) 全職員が衆知を結集し,カリキュラムマネジメントの深化と授業改善を図り,新しい制度等に対応する教育を推進します。
 (2) カウンセリングマインドを忘れず,自己肯定と自己実現の心を育てるとともに,心の拠り所となる母校愛にめざめる教育を推進します。
 (3) 深い教育愛と温かい人間関係を基に文武両道に精励させるとともに,心豊かなリーダーとなれる人材を育成します。
 (4) 広報やボランティア活動等により家庭・地域との連携を深めつつ,地域に育まれていることに感謝し貢献できる人材を育成します。
4 めざす加治木高校生像  
 (1) 志操が高く,自主的に学ぶ生徒
 (2) 明るく元気があり,自らを律することができる生徒
 (3) 忍耐強く,チャレンジ精神にあふれる生徒
 (4) 友愛と公徳心にあふれ,地域の範となる生徒
5 加治木高校の29年度の具体的取り組み
 (1) 挨拶・容儀・清掃の徹底を図り,地域に愛され地域の範となる品格ある高校生を育成します。
 (2) 自主学習力の向上に努めるとともに,部活動を奨励し,文武両道に励む生徒を育成します。
 (3) 創立120周年の節目に向けて帰属意識を一層育てることを通して,母校愛や郷土愛に満ちた生徒を育成します。
 (4) 3年間を見通した進路指導に努め,個に応じた進路指導の工夫改善を図るとともに,難関大学受験層の育成に努めます。
 (5) 新しい入試制度を見据えた授業形態等(いわゆるアクティブラーニングなど)の研究を推進し,指導内容の精選,指導法及び評価問題の改善,教育相談力の向上等,自ら研鑽修養に励みます。
 (6) 「報・連・相」を軸として衆知を結集し,迅速かつ的確な課題解決並びに危機管理を図ります。
 (7) 同窓会や家庭・地域と連携し,ボランティア活動など開かれた学校づくりを推進するとともに生徒の活動の広報に努めます。

学校概要

創立記念日
4月21日(明治30年4月21日開校 創立120年)
課程
全日制普通科
所在地
〒899-5214 鹿児島県姶良市加治木町仮屋町211番地
TEL   0995-63-2052/FAX   0995-63-3965
生徒数
946名(8学級×3学年)
職員数
82名

各教室・施設

校内配置図[PDF:354KB]
 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード