メディア・リテラシー講座

公開日 2020年09月28日

9月17日(木)本校体育館にて,講師の髙﨑恵先生をお招きし

「男女共同参画の視点に立ったメディア・リテラシー講座」を行いました。

この講座では「男女共同参画社会とは」「日本の現状」「メディア・リテラシーとは」

「メディアと男女共同参画の関係」についてお話ししていただきました。

IMG_2018

講座の冒頭で「自分の利き手とは逆の手で自分の名前を書く」というワークが出され,生徒は書きづらさ

を感じながら書いていました。その後,どうして書きづらいと感じたのかを考え,意見交換をしました。

IMG_2028

できること・できないこと・得意なこと・不得意なことがあって当たり前であること

そして,それは一人ひとり違うことを認識しました。

 

講座の中では,「職業を男性・女性のイメージでわける」というワークに代表生徒6人が挑戦。

IMG_2043

実際には男性・女性どちらも就いている職業であるのに,メディアに取り上げられる人物から

男性的な職業,女性的な職業と無意識のうちに分けてしまっていることに改めて気付かされました。

IMG_2045

 

男性は仕事,女性は家事のような意識を「固定的性別役割分業意識」と言いますが,テレビドラマや

インターネットなどのメディアの情報から,わたしたちは無意識のうちに物事に対して男性らしさ・

女性らしさといった性別での区別をしてしまっています。

 

今後は,メディアから得た情報は,事実なのか,信じてよい情報なのか

1つのメディアからだけでなく,他の情報と組み合わせて正しく読み取れるようにしていくこと,

また,情報を得る側だけでなく,発信する側になることを踏まえメディアと上手に関わっていける

ようにする力『メディア・リテラシ-』をつけることが重要だと学びました。