平成29年10月23日 第63回大運動会

公開日 2017年10月23日

 雨天順延のため月曜日の実施となりました。当日は,素晴らしい秋晴れのもと,第63回大運動会を開催できました。
 開会式では,入場行進が行われ,前回大会優勝の白組から力強く入場しました。
 競技は応援団によるエール交換,応援合戦で始まりました。各応援団の大きな声と太鼓の音が盲学校のグラウンドに響き渡りました。
 中学部,高等部の生徒による「短距離走」,50m先から出される音を頼りに走る「音響走」,小学部の児童による「かけっこ」では,同じ組で走るライバルと競い合ったり,目標タイムを設定し,そのタイムを超せるように走ったりしました。

写真があります。
かけっこの様子

 高等部専攻科生による「ケツ圧測定」は,紅白に分かれた専攻科生が自分でふくらませた風船をイスに座りながら割るという種目です。紅白で競い合いながらも,笑いありの楽しい種目でした。
 親子種目となっている「大玉ころがし」では,親子の力を合わせて大玉を転がし,親子の絆を深めることができました。

写真があります。 写真があります。
大玉ころがしの様子1 大玉ころがしの様子2

 小学部から高等部普通科の児童生徒による「マスゲーム」では,力を合わせて今までの練習の成果を発揮することができました。

写真があります。
マスゲームの様子

 盲学校伝統の「鉄線リレー」が行われました。
 紅白それぞれに引いた50mのワイヤーにバトンを取り付け,そのバトンを持って滑らせながらリレーします。
 今回からは全児童生徒で実施し,その後は「交流種目」として乳幼児教育相談に来校している子どもたちに「鉄線リレー」を体験してもらいました。

写真があります。
鉄線リレーの様子

 今回から運動部の部活動紹介も取り入れ,「サウンドテーブルテニス」と「フロアバレー」の競技の紹介,活動報告及び大会出場の結果報告も行いました。

写真があります。 写真があります。
部活動紹介の様子1 部活動紹介の様子2

 大運動会最後の競技は,全児童生徒による「綱引き」と,選抜された選手による「紅白リレー」です。
 「綱引き」では,紅組も白組も最後の力を振り絞り,白熱した戦いで,応援する側にも力が入りました。
 紅白対抗での綱引きの後は,保護者対児童生徒対決を実施しました。
 児童生徒一丸になって保護者相手に勝つことができました。
 「紅白リレー」では,各学部から選ばれた選手が練習の成果を発揮し,バトンを繋ぎながら走り,最後まで素晴らしい勝負をしてくれました。

写真があります。 写真があります。
綱引きの様子 紅白リレーの様子

 以上で予定されていた競技はすべて終了しました。第63回大会の優勝は紅組でした!
 参加してくださった方々,保護者の皆様,来賓の方々,本当にありがとうございました。


[このページの先頭] [トップページ]