本校の教育

公開日 2019年08月09日

1 学校教育目標

 病弱や肢体不自由のある児童生徒の命や人権を守り,教育的ニーズを的確に把握し一人一人の発達段階や特性に応じた教育を行い,自立と社会参加に向けて心豊かに生きる児童生徒を育成する。

2 目指す姿

◯ 目指す学校像 ◯ 目指す児童生徒像   ◯ 目指す教師像

 ・ 児童生徒の命や人権を
  守り,教育的ニーズに応
  える学校

 ・ 保護者や地域と共に歩
  み,教育力を高めていく
  学校

『 明るく (明朗) 』

『  強く (克己) 』

『 仲良く (友愛) 』

 ・ 児童生徒の命や人権を
  尊び,児童生徒の姿から
  学ぶことのできる教師

 ・ 楽しい授業,確かな学
  びのある授業の実現に取
  り組む教師

 ・ 信頼される教師として
  互いに高め合える教師 

3 経営方針

(1) 児童生徒の実態に即した教育課程を編成し,確かな学びの実現や個々の可能性の伸長を目指し,小学部・中学部・高等部の一貫した教育に努める。

(2) 人間尊重の理念に基づき,人権教育の推進を通して,命の尊さ,他人を思いやる心や感動する心など豊かな人間性の育成に努める。

(3) 安心・安全に学べる教育環境を整える。

(4) 地域における特別支援教育のセンター的機能の充実に努める。

(5) 教育公務員としての使命を自覚し,職員相互の信頼と協力体制の構築に努める。

4 本年度の重点事項

(1) 児童生徒の実態に即した教育課程を編成し,学部間,課程間,学年間等の連携を図りながら,教育的ニーズに基づくきめ細かな指導を行う。

    ア 新学習指導要領の趣旨を踏まえた教育課程の編成と授業実践を通じた評価・改善

    イ 個別の指導計画活用による指導内容の充実と改善

    ウ キャリア教育に関する指導内容の整理と全教育活動を通じた推進

(2) 人権尊重の理念に基づく教育を行う。

    ア 思いやりの心と人間尊重の精神について理解し,実践する力の育成

    イ 道徳の時間の充実と教育活動全体を通じて行う道徳教育の推進

    ウ 児童生徒の人権に基づく指導の推進

(3) 学校安全体制を充実させ,安心して学べる学校づくりに取り組む。

    ア 医療的ケア実施に係る特別支援学校看護師と教師の連携体制,研修の充実

    イ 教育活動中の安全対策と緊急時対応マニュアルの改善

    ウ ヒヤリハット報告による危機意識の高揚と,要因の分析及び改善策の明確化による事故の未然防止の実践

(4) 特別支援教育の支援体制の充実と,関係機関や保護者,地域等との連携を深め,開かれた学校づくりに取り組む。

    ア 就学・教育相談の充実と支援会議等を通した指導の充実

    イ センター的機能の発揮による幼・保・小・中・高等学校・関係機関との連携の推進

    ウ 学校評価を活用した学校運営の改善や学校ホームページによる情報発信

(5) 教育公務員としての資質の向上と業務改善を図る。

    ア 多面的な研修による病弱・肢体不自由特別支援学校の職員としての専門性の確保

    イ 服務規律の厳正確保による信頼される教職員

    ウ 校務分掌の機能化・活性化に向けた業務の簡素化・合理化