学校教育目標

公開日 2016年04月25日

学校教育目標

児童生徒一人一人の発達段階や特性等に応じた教育を行い,生きる力を身に付け,自立と社会参加に向けて,「明るく,強く,豊かに」生きる人間を育成する。

  1. めざす学校像
  •  安心・安全な教育環境の下,教児共に楽しく学べる学校中庭
  •  一人一人の教育的ニーズに応える教育を推進する学校
  •  保護者や地域と共に歩み,信頼と活力ある開かれた学校
  1. めざす児童生徒像
  •  明るく,元気で,礼儀正しい児童生徒
  •  健康に関心をもち,将来の自立をめざす児童生徒
  •  周りの人と仲良くし,積極的に社会に参加する心豊かな児童生徒
  1. めざす教師像
  •  安心・安全な教育環境をつくり,児童生徒との共感的関係を培う教師
  •  研修に励み,児童生徒の個に応じた教育を探究し続ける教師
  •  協調と和を大事にし,教育公務員としての職責を果たし,信頼される教師

学校経営方針

  1. 公教育の基盤に立ち,全人教育の重要性と教育公務員としての責任を自覚し,教職員相互の信頼と協力により,教育目標の達成を図る。
  2. 保健,衛生及び安全管理の徹底を図り,児童生徒が安心して学べる教育環境を整備する。
  3. 地域や時代のニーズをとらえた一貫性のある教育課程,及び児童生徒の的確な実態把握と分析による適切な個別の指導計画を作成し,一人一人の教育的ニーズに応える指導の充実に努める。
  4. 大島地区唯一の特別支援学校として,インクルーシブ教育システムの構築に向け,地区内における特別支援教育のセンター的機能を充実させるとともに,本校の教育活動の理解啓発に努める。
  5. 家庭や児童福祉施設,近隣の幼・保・小・中・高等学校,地域社会及び関係機関との協力・連携を密にし,教育効果の向上と指導・支援の共有化を図る。

重点取組事項

  1. 安心・安全な教育環境の維持・整備グラウンド
  •  ヒヤリハット報告の徹底と活用
  1. 児童生徒の肥満防止への取組
  2. 人権教育の推進
  •  人権ヒヤリハット事例の情報共有と相互チェック
  1. 児童生徒の実態や特性等を踏まえた適切な教育の追究
  •  個別の指導計画を活用した授業づくりの推進
  •  課題を解決するために必要な適切な指導方法,指導技術の研究
  •  チームで取り組む総合力の強化
  •  児童生徒の実態に応じたICT教育の推進
  1. 発達段階に応じた進路指導の充実体育館
  •  児童生徒と保護者が行う事業所での体験活動の推進
  1. 特別支援教育のセンター的機能の発揮と充実
  •  巡回相談等におけるケース会議の充実
  •  適切な就学支援のための離島での合同研修会の実施
  1. 放課後活動支援の充実