本校の教育

公開日 2020年04月06日

学校教育目標(令和2年度)

 児童生徒一人一人の発達段階や特性等に応じた教育を行い,「生きる力」を身に付け,将来の自立と社会参加に向けて,「あかるく,なかよく,たくましく」生きる人間を育成する。

 

〈めざす児童生徒像〉

 ・ あかるく (明るく,元気で,礼儀正しく生活する)

 ・ なかよく (周りの人と仲良くし,積極的に社会に参加する)

 ・ たくましく (心身の健康に関心をもち,個に応じた自立をめざす)

 

〈めざす学校像〉

 ・ 安心・安全な教育環境の下,教児共に楽しく学ぶ学校 (安心・安全)

 ・ 一人一人の教育的ニーズに応じた教育を行い,児童生徒が喜んで通う学校 (教育の質)

 ・ 保護者や地域と共に歩み,信頼される学校 (信頼)

 

〈めざす教職員像〉

 ・ 児童生徒との共感的関係を培い,保護者の心のよりどころとなれる教職員 (安心・安全)

 ・ 研修に励み,高い専門性を探究し続ける教職員 (教育の質)

 ・ 高い人権意識と和を大事にし,教育公務員としての職責を果たす教職員 (信頼)

 

学校経営方針

 (1) 児童生徒及び教職員の健康や安全に配慮した教育環境を整え,人権を尊重するとともに,働きやすい

  職場環境づくりを推進する。(安心・安全)

 (2) 地域や時代のニーズをとらえた一貫性のある教育課程,及び児童生徒の的確な実態把握と分析による

  適切な個別の指導計画を作成し,一人一人の教育的ニーズに応える指導の充実に努める。(教育の質)

 (3) 公教育の基盤に立ち,全人教育の重要性と教育公務員としての責任を自覚し,教職員相互の信頼と協

  力により,教育目標の達成を図る。(信頼)

 (4) 校内支援体制を活性化させるとともに本校の教育活動の理解啓発に努めるとともに,地区内における

  特別支援教育のセンター的機能を充実させる。(センター的機能)

 (5) 家庭や保・幼・小・中・高等学校,関係機関との協力・連携を密にし,指導・支援の共有化と教育効

  果の向上を図る。(連携)

 

重要努力事項 (※学校評価及び令和元年度の取組から)

 (1) 安心安全な教育環境の維持・整備(安心・安全) 

    ・ インシデントレポートシステムの充実及びそれを活用した事故の未然防止

    ・ 業務内容の見直しと効率的な業務推進の励行及び適切な勤務時間管理

    ・ 職員間の日常的な情報共有の強化        

 (2) 学習指導要領改定に伴う教育課程の見直し及び一人一人の教育的ニーズに応じた適切な学習指導

    の計画と実践(教育の質) 

    ・ カリキュラム・マネジメント実践の充実と個別の指導計画の内容を含んだ教材研究の充実

    ・ 南部支援教室の教育の充実と今後の見通しの確立

 (3) 教育公務員としての研修の充実(信頼)

    ・ 学校職員として必要な精選された課題別研修及び服務研修の充実

 (4) 特別支援教育のセンター的機能の発揮と充実(センター的機能)       

    ・ 校内支援体制の活性化及び関係機関と連携した不登校傾向の児童生徒への適切な支援

    ・  巡回相談における各学校等の特別支援教育の充実と自立を目指した支援

 (5) 家庭や関係機関と連携した支援力の向上(連携)

    ・ 家庭との情報共有,連携の充実

    ・ 学童施設等の各余暇支援機関,実習施設,進路先施設等との連携の強化