機械電気科

公開日 2018年07月06日

「21世紀を担う,機械・電気技術者の育成を目指します」

 ハイブリッドカーの技術に代表されるように,最近の製品は機械と電気が複合的・効果的に融合した技術が活用されています。そこで機械科と電気科の教育課程を統合し,近代技術に対応したスペシャリストを育成するために科名を機械電気科とし,実社会で必要な知識・実践的技術の習得を目指します。

機械電気科
【2年次からコース制】
近代技術に対応した工業人を育成するために,2年次からのコース制(機 械コース・電気コース)を導入します。
これにより各種資格試験への柔軟な対応が可能になります。
(1年生では,機械分野と電気分野の共通領域を学習することになります。)
 

教育課程表

教科 科目 標準単位学年 1年 2年 3年



選択コース 共通 機械 電気 機械 電気
工業技術基礎 ◎2~4        
課 題 研 究 ◎2~6      
実  習 6~12  
製  図 2~10    
工業数理基礎 2~4        
情報技術基礎 2~4        
生産システム技術 2~6        
機 械 工 作 2~8      
機 械 設 計 2~8      
原 動 機 2~4        
電 気 基 礎 2~8      
電 気 機 器 2~4      
電 力 技 術 2~6      
電 子 技 術 2~6        
合  計 10 13 13 16 16
 
●教育課程
  1年生では,週10時間
  2年生では,週13時間
  3年生では,週16時間の専門教科を
  学習します。
●1年生で目指す資格
  ・情報技術検定
  ・計算技術検定
  ・危険物取扱者試験
  ・ガス溶接技能講習など

機械コース

「ものづくりの基本を学び,時代のニーズに対応できるエンジニアを育成します」

 機械コースは,機械技術(メカニクス)と電気技術(エレクトロニクス)とを融合したメカトロニクスの習得を目指すコースで,機械分野と電気分野の基礎・基本を学習します。また,各種競技大会や各種コンテストへの出場,資格取得などを通して,ものづくりの楽しさや喜びを育みます。

旋 盤 実 習

溶 接 実 習

特殊機械実習

パソコン・CAD実習

原動機実習

マシニングセンタ実習

旋盤競技鹿児島県大会

溶接競技鹿児島県大会

 

取得可能な資格・検定

ガス溶接技能講習
ボイラー取扱技能講習
計算技術検定
情報技術検定
機械製図検定
パソコン利用技術検定
リスニング英語検定
工業英語能力検定
小型車両系建設機械技能業務特別教育
危険物取扱者 丙種,乙種1類~6類
1級ボイラー技士
2級ボイラー技士
第2種電気工事士
技能検定3級(旋盤加工)
高圧ガス製造保安責任者(第3種冷凍機械,第2種冷凍機械)
工事担任者 DD3種

競技大会関係

ジャパンマイコンカーラリー鹿児島県大会

平成29年度 ジャパンマイコンカーラリー鹿児島県大会

Advance部門 自作サーボ部門 九州大会出場

 

電気コース

「自ら学び,自ら考え,行動できる電気技術者を育成します」

 電気コースでは,電気の基礎からその応用まで学び,実験・実習を通して専門知識を身につけます。また,ものづくりへの意識の向上と技術・技能の習熟向上を図るため,ものづくり県体会や各種大会へ積極的に参加して,産業界が求める人材の育成を目指します。

電気工事実習

計 測 制 御

情 報 技 術

電 子 技 術

電 力 技 術

電 気 機 器

 

取得可能な資格・検定

《在学中》
第3種電気主任技術者
第1種電気工事士
第2種電気工事士
危険物取扱者
工事担任者
ボイラー取扱技能講習
ガス溶接取扱技能講習
計算技術検定
情報技術検定
パソコン利用技術検定
小型車両系建設機械技能業務特別教育
《卒業後》
第2種電気工事士(筆記免除)

高校生ものづくりコンテスト鹿児島県大会「電気工事部門」

高校生ものづくりコンテスト鹿児島県大会「電気工事部門」

・平成25年度 第2位

・平成28年度 第4位