令和3年度 学校長あいさつ

公開日 2021年04月15日

学校長あいさつ
 「鹿児島南高等学校」は,昭和23年に「谷山町立谷山高等学校」として開校した後,昭和31年に「鹿児島県立谷山高等学校」,さらに昭和43年に「鹿児島県立鹿児島南高等学校」と改称され,今や進学や就職,資格取得や部活動の実績において県内トップクラスのレベルを誇り,毎年のように中学生の進路希望先の上位校に名を連ねています。本校から巣立っていった卒業生は,県内外のみならず国外においても,政財界や芸術・文化,教育,スポーツなど幅広い分野で活躍しています。
 現在,鹿児島南高等学校には,国公立大学や難関私立大の合格者数を年々伸ばしている普通科,国家試験や各種検定で多数の合格者を出している商業科・情報処理科,体育・スポーツの指導者や,全国ひいては世界で活躍する選手の育成を目指す体育科と,四つの学科が設置されております。
 それぞれの学科の教育活動等詳細につきましては,本HPを御覧ください。
 さて,本校では「文武両道 ~活気にあふれ,自己実現に向けて邁進する生徒の育成~」の基本理念の下,生徒一人一人が自らの目標に向かって勉学と部活動に日々精進しています。
 本校は,体育系・文化系問わず,部活動が大変盛んなことも特色の一つであり,インターハイや全国高等学校総合文化祭をはじめ,様々な全国大会に多くの部が出場し,好成績を収めております。また,世界大会で活躍している卒業生もおり,東京オリンピックやかごしま国体で活躍する選手が多く輩出されることを期待しています。
  「独立自尊」「開拓創造」「協力奉仕」の校訓の下,多くの先輩たちが築いてこられた歴史と伝統を生徒・教職員が一丸となって継承しながら,学業と部活動のバランスが取れる学校(文事武備(ぶんじぶび)),生徒が目標に向け努力する学校(万里一空(ばんりいっくう)),鹿児島南プライドに満ちた学校(英姿颯爽(えいしさっそう))の構築を目指してまいりたいと考えております。
 きりっとした態度で,夢や目標に向かって一途に努力する姿は美しく,そのような若者に育つことは,保護者の皆様及び地域の方々,そして私どもの共通の願いであります。本校職員は,自己実現に向けて努力する生徒たちを,一枚岩となって支え,見守ってまいります。
 今後とも本校の教育活動に対しまして,御理解と御支援をお願い申し上げ,あいさつといたします。
 校 長    石田尾 行徳
photo