日々是好日 【10/2 更新】

公開日 2020年10月02日

       ・日々是好日(第9号)「親孝行」

       ・日々是好日(第8号)「志」

    ・日々是好日(第7号)「継続は才能なり」 

      ・日々是好日(第6号)「困難に立ち向かう力」

      ・日々是好日(第5号)「令和2年度生徒会会長選挙」

      ・日々是好日(第4号)「読書雑感」

      ・日々是好日(第3号) 「甲陵坂の観音様」

      ・日々是好日(第2号)「ことば探しの旅」

      ・校長挨拶(第1号)※次回より校長便り(日々是好日)を定期的に配信予定です!

 
画像の説明

【第5代校長 田之上 典昭】

 

「笑顔舞う明桜館」

この度,明桜館高校校長を拝命しました,田之上です。本校は,平成二十二年に明桜館高等学校として開校し,文理科学科と商業科二つの学科をもつ高校として,「立志」「挑戦」「共感」の校訓の下,充実発展の歴史を積み重ねてきている文武両道の学校であります。

昨年10周年記念式典を終え,次なる新たなステージへのスタートを切ったところであります。言うまでもなく,高等学校は,将来,社会の有為な人材として,人類の幸福に貢献するにたるだけの「健全な人間性」を鍛え上げるための錬磨育成の場です。

そこで,明桜館高校生に次のことを期待します。一つには「志を高く掲げ,目標を達成する」ということです。目標を高く持ち学び続けるためには,我慢と謙虚さが必要です。困難に遭遇してもひたむきな努力を,誰にもできないくらい続けることができる明桜館生となることを期待します。二つ目に「規律正しい生活習慣を確立し,規範意識を持つこと」を念願します。明るく爽やかな挨拶,環境の美化,明桜館生としての身だしなみを本校の大切な心として育てて欲しいと思います。三つ目に「これらのことを達成するための心を練って欲しい」と思います。何事をやるにも,まず心を磨くことが重要です。漫然とした日々を送ることなく汗と涙の感動の経験を高校時代に積み上げて欲しいと思います。

最後に,これまでの先輩方が築き上げたものを受け継ぎ,さらに積み上げ,本校の一層の発展と新たな歴史を創っていく気概を持ち,教職員生徒一丸となり,本校を取り囲む桜の花のように生徒の笑顔舞う学校となるよう取り組んで参りますので,保護者や地域の皆様,同窓生各位におかれましては,今後とも一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げ,着任の挨拶といたします。                                          校長  田之上 典昭

 

 

 

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード