校長あいさつ

公開日 2019年04月01日

 

 

 

孤杉 校長 学びや

川薩清修館高校ホームページにアクセスいただきありがとうございます。
本校は,平成19年に開校し,「ビジネス会計科」と「総合学科」の2学科を設置しております。
今年で創立14周年を迎え,「元気・やる気・本気 夢の実現に向かって」のスクールモットーを掲げ,勉学と部活動の両立を目指して教職員一丸となって日々の教育活動に取り組んでいます。
本校の所在する薩摩川内市入来町は,古来薩摩国府・国分寺が置かれた薩摩国の中心地で,中世では清色城を拠点とする入来院氏の存在,近世では川内川舟運による伊佐地域と薩摩半島,錦江湾岸,出水地域,ひいては九州島中央部へとの交通の要衝であり,21世紀においても鹿児島県域における地勢的重要性はいささかも衰えることはありません。
また,川内川中流域から下流域に掛けてのこの地域,本校生の通学範囲でもありますが,その自然環境の豊かさは,丸山自然公園やNHK大河ドラマの撮影地となりました長野滝,ラムサール条約登録湿地でもありベッコウトンボや水鳥が生息する藺牟田池などが象徴しております。
自然環境ばかりでなく,東郷文弥節人形浄瑠璃や入来神舞等多種多様な民俗芸能の宝庫でもあり,歴史的環境も豊かな地域であります。
さて,令和元年度の卒業生は,昨年に引き続き進学・就職ともに100%の決定状況で進路実現を果たしています。特に進学においては,センター試験,一般入試を経て,国公立大学へ2名の合格者を輩出しました。
また,部活動においても小規模校ながら陸上競技部,ウエィトリフティング部,ホッケー部(男子)がインターハイ出場を決めました。他の体育系・文化系の部活動においても毎日熱心に取り組み着実に成果を上げています。
特に陸上競技部,ホッケー部においては,優秀な指導者の熱心な指導の下,全国上位の成績を上げています。また,ウエイトリフティング部はオリンピック入賞の実績をもつ外部指導者に指導をお願いするなど強化を図っているところです。
今年は,インターハイ出場はもとより,秋に開催される「かごしま国体」において,上位入賞を目標に掲げ日々活動に取り組んでいるところです。
さらに,学校寮(聖友寮)も完備しており充実した学習環境が整備されています。
すべての教育活動において,職員一同,生徒一人ひとりを大切にして生徒の持つ力を最大限伸ばせるよう熱心な指導を全職員が心がけていますので,多くの生徒・保護者に興味・関心をもっていただき,是非,本校を志願いただきますようお願い申し上げます。

   令和2年4月                             校 長    孤 杉   勉