教育方針

公開日 2016年09月28日

教育目標

(1)教育構想
 礼儀をわきまえ,打たれ強く,何事にもめげず,現実社会を本気で生きる力を身につけた人間の育成

(2)教育目標
 日本国憲法及び教育基本法の精神に基づき,県教育行政の基本目標「あしたをひらく心豊かな人づくり」に拠って公教育の責務を果たし,建学の理念を踏まえ,自ら学び常に向上する意欲を持ち,社会の変化に臨機応変に即応し,主体的に行動できる創造性と協調性に富む生徒を育成する。そして,郷土を愛し,地域社会に貢献し信頼され,実社会にたくましく生きる人材を育む。

経営方針

 教育者としての誇りを持ち,魅力にあふれた活気みなぎる学校づくりをめざし,個々の生徒の自己実現を最大限 に援助する情熱にあふれた教育活動を展開する。

①あらゆる場面に遭遇しても,ひるまず対処できる人格の陶冶をめざし,常に前向きに対応していく人間の教育を めざす。
 ・生徒一人一人の能力と個性を熟知し,その生徒の持てる力を全力で引き出す気力を持つ。
 ・生徒は地域の品格と矜恃の鏡である。その考え方に立って,情操豊かで高雅な精神を持つ生徒を育てる。
 ・学科の特色を生かし,あらゆる資格試験に挑戦し,最終的には満足のゆく進路を確保する。

② 教員自身の資質と指導力を高める研修を多く持つ。個人主義に陥らず,組織として全ての事に当たる。

③ 中高一貫教育の改革推進に努め,六年間を見通した進路設定及び達成への努力を惜しまない生徒を育成する。郷土を愛し,自らの人生を自らの手で切り招く気力を持ち,途中で中だるみのしない,活力に満ちた生徒を育成する。

④人間尊重に根ざした,他人の心の痛みの分かる生徒を育成する。また,人権同和教育の推進に努める。

⑤生徒の安全意識の高揚と学習環境の美化意識を強く推進する。また,保護者の家庭を通し地域社会と連携し地域に愛され開かれた特色ある学校づくりに努める。

努力目標

① 個々の生徒の進路希望を実現させるために,基礎学力と学習量の定着を図り,「授業で勝負する」という気迫に満ちた授業を展開する。
・普通科,商業科の特色を生かした完璧な進路実現を目指ために資格試験を多く取り入れる。
・授業公開や研究授業を通して,教師としての力量の向上を図る。

② 保護者と多く語りこむことによって,生徒一人一人の心に染みる生徒指導を目指し,当たり前のことを当たり前に取り組む生活習慣づくりに努め,品位ある喜校生を育成する。
・基本的には「見落とさず,見逃さ,見放さず」の姿勢で生徒指導に当たる。

③ 各種学校行事などの更なる工夫・充実に努め,地域や保護者・中学校等との綿密な連携を深め,愛される喜界高校を目指す。