校章・校歌・校訓

公開日 2016年09月28日

校章

校章の由来

校章

3本のペン先を中心の「高」に結びつけたものである。
ペン先はそれぞれ島内三中学より集う真摯な学究の徒を表すとともに「ペンは剣よりも強し」との燃えるような向学の情熱を象徴したものである。

(昭和25年制定 普通科第1回卒 喜久 秀人 作)

校訓の意味

校訓

自主自立
自己の理性と識見のもとに健全なる行動をなすことはもとより、独創性と協調性を重んじ、確固たる信念をもって積極的に理想者会の建設に邁進する。
開拓創造
 自己の能力適正に応じて忍耐強く努力を継続し、あらゆる苦難といかなる障害にも耐え、絶えず新しい領域を切り開いて自他の理想生活を築き上げて行く。
公徳奉仕
 共同社会を明るくより良いものにするため、自己の言動に責任をもつと共に公共の福祉と秩序を尊重し、集団の規則及びエチケットを遵守し、進んで公共のために奉仕する。

校歌    (作詞 福岡 正信 作曲 益田元甫)


 めぐる黒潮 みんなみの
 あおぐみどりの 百の台
 若き学徒の よろこびに
 希望にもえて 集うもの
 ああ向学の 情熱つよく
 われら讃えん 喜界高校

 赤連の郷に 春たけて
 たてる学び舎 白き窓
 若き誇りの あこがれに
 真理の道を 進むもの
 ああ溌剌の 意気高く
 われら歌わん 喜界高校

 茂る榕樹に 風かおり
 おくる三年の 花の園
 若き生命の 感激に
 久遠の理想 目ざすもの
 ああ友愛の 夢清く
 われら築かん 喜界高校