校長 あいさつ

公開日 2018年04月04日

                              校長 あいさつ校長写真

 薩摩中央高校は 平成17年4月に宮之城高校と宮之城農業高校のよき伝統を継承し開校し,平成30年度には,第14期生の新入生を迎えました。
 本校の教育方針は 生徒の能力や適性,進路目標に応じて「普通科」,「生物生産科」,「農業工学科」,「福祉科」の特色を生かし,「自律」「創造」「共生」の校訓のもと地域に愛され,地域に信頼される学校づくりを目指しています。
 スクールコンセプトを「多様な学び,拓くあなたの進路実現!」,キャッチフレーズを「人づくり ものづくり 夢の実現  100%」として,4つの学科がそれぞれの専門性を深めるために真剣に学び,各学科で学んだことを生かし,各種大会へ参加し,また資格取得などへの取組にも力を入れています。

 なかでも昨年9月には,生物生産科3年生が宮城県仙台市で開催された全国和牛能力共進会の一環で開かれる和牛審査競技会の高校生部門に県代表として出場しました。

 また,昨年11月には,農業工学科3年生3名が,国家資格の技能検定「普通旋盤作業」2級に合格しました。一校から1度に3名の難関資格突破は,県内初の快挙でした。

 さらに 今年2月には,福祉科3年生20名が,難関国家資格である介護福祉士試験を全員受験し,100%合格と輝かしい実績を残しています。

 また,部活動では,ウエイトリフティング部が躍進しています。なかでも新3年生の 久留須 壱彦(かずひこ)さんは,昨年10月の愛媛国体では,自己ベストを更新し少年男子69キロ級スナッチで7位入賞。更に 今年1月沖縄県での全九州高校選手権では,男子69キロ級で優勝といずれも輝かしい実績を残しています。

 「全ては,生徒の幸せのために」を全教職員の判断基準として,「笑顔であいさつ日本一」を掲げ,生徒の無限の可能性を信じて教職員一同,懸命に努力します。

 中学生の皆さん,薩摩中央高校で一緒に「あなたの 夢の実現  100%」を目指し,真剣に楽しく学びましょう!

薩摩中央高等学校 第6代校長 松下 浩子 

 

関連ワード