各学校において実施可能な児童生徒への学習支援方法等について


 新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について(文部科学省)

   
   

 以下,参考
 1 在宅学習における学習支援 ※インターネットのサービスの利用
       授業動画・デジタル問題集eboard(いーぼーど)」 https://info.eboard.jp/

 
 NPO法人eboard(イーボード)が提供している約2,500本の映像授業と7,000問のデジタル問題集で構成されるWebサイト。インターネット環境があれば,PC,タブレット,スマートフォン等から閲覧及び利用可能。

 動画やドリル問題は,以下の教科・内容について,学年及び内容ごとに整理されている。
 ○小学校:算数,漢字 
 ○中学校:国語,社会,数学,理科,英語
 ○高等学校:数学Ⅰ

 利用には,登録(無料)が必要(メールアドレス必要※携帯用可)。
 ただし,学習履歴機能を使わない場合は,登録は不要。
 利用方法は,【eboard利用ガイド】のページで確認してください。
 
【 授業動画 画面 】
 
【デジタルドリル 画面】
   この他にも,臨時休業期間において,原則無料で利用できる学習支援サービス等が,経済産業省「未来の教室」のWebサイト『学びを止めない未来の教室』のページに一覧として示されています。
 
 
2 家庭での児童生徒の状況の把握や連絡 ※インターネットのサービスの利用 

    Web上でのアンケート・小テスト作成・回収 「Google フォーム」    
      https://www.google.com/intl/ja_jp/forms/about/
 
   Googleフォームとは、Googleのサービスの1つとして提供されているフォーム作成ツール。
 フォームを作成する教員が,無料で取得できる「Googleアカウント」を使って、アンケートや小テストなどを作成できる。
 作成は簡易な操作で,選択式又は自由記述式等のアンケート項目や,テキストや図・画像入りの小テストを作成できる。回答する児童生徒側には,アカウントの取得は必要ない。(小テストの自動採点機能等を利用する場合には必要)

 休業期間中には,下記の例のように,家庭での様子を確認するための「連絡フォーム」として,あるいはインターネットを使って,学校と家庭間で配布・提出可能な学習課題用の「小テスト」として活用できます。

 「Googleフォーム」の作成方法は下記ページから確認してください。
          【Googleフォームの使い方】←クリック!

 ※作成した「Google フォーム」を児童生徒及び保護者に知らせる場合には,アドレス(URL)を,QRコードにして配布すると便利です。QRコードは,以下のWebページ等から簡単に作成できます。
     【QRコード作成サイト①】  【QRコード作成サイト②】
       ※「QRコード」はデンソーウェーブの登録商標です。
家庭での様子を
確認するための
「連絡フォーム」の例



 児童生徒側(入力画面)
   
    教師側(確認画面)
   
  

学校と家庭間で
配布・提出可能な
学習課題用の
「小テスト」
の例


 
 児童生徒側(問題画面)
教師側(確認画面)



 3 テレビ会議システムの活用  

    臨時休業期間中,学校と家庭の児童生徒をテレビ会議システムでつないで
    ▶カメラの映像を通して,個々の児童生徒の健康状況を確認
    ▶困っていることや,学習に関する相談に個別に対応
    ▶小規模校でのWeb全校朝会や,学級毎のWebホームルームを実施   
      
テレビ会議システム「ZOOM」 https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

TV会議の画面

○ここで紹介するテレビ会議システム「ZOOM」(無料版)で可能なこと
 ・教師・学校側,児童生徒それぞれの映像を表示
  (1回につき40分まで,11の場合は無制限)
 ・映像,音声,チャットによる双方向の通信(100人まで同時参加可)
 ・画面共有(プレゼンテーション等の画面を送信)が可能
○実施に必要なもの ※教師・学校,児童生徒のそれぞれに必要
 ・インターネット環境
 ・タブレット又はPCWebカメラ・マイクが必要),
              あるいはスマートフォン等の端末

 具体的な利用方法については,こちらをご覧ください。
○ これらの利用方法や問い合わせ等については,「情報教育研修課」へご連絡ください。
 電話(課直通): 099-294-2849  Mail: jyoho★edu.pref.kagoshima.jp ※★を@に変更

0 0 0 0 0