校長挨拶

公開日 2020年04月07日

校長挨拶(令和2年度)

  鹿児島県立串良商業高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。 

   本校は,大隅半島(鹿児島県東部)のほぼ中央に位置し,東は笠野原台地,西は肝属平野や志布志湾を望み,さらに,紫にけむる国見(肝属)山地や高隈山地を眺望できる素晴らしい自然環境の中にあります。

   本校は,明治36年(1903年)創立以来,幾多の変遷を経て,本年度で118年目を迎える歴史と伝統を誇る県立全日制高校です。「敬愛」「自律」「実践」を校訓とし,情報処理科と総合ビジネス科の二つの学科があり,県立の単独商業高校として,大隅地域における商業教育の中心校として,地域に根ざし,地域に開かれ,特色ある教育活動を推進しています。地域に貢献できる人材育成を目指して,本年度224人の生徒たちが,落ち着いた教育環境の中で明るく元気に学業や部活動に励んでいます。

 本校は,全商検定1級3種目以上,日商簿記2級,ITパスポート,基本情報技術者試験といった上級検定合格や資格取得を目標にしながら,商業に関わる知識や技能の習得に努めています。また,串良商業高校を略した「串商」から名付けた,『中中商い(なかなかあきない)プロジェクト』という体験学習にも力を入れています。
『中中商いプロジェクト』とは,「課題研究」「商品開発」「広告と販売促進」「マーケティング」等の授業を通して,地域の活性化を目指し,学習成果を地域に還元する活動です。

 平成28年度は,地域企業と連携した商品「だっき商ドレッシング」が商業高校フードグランプリ(全国大会)で審査員特別賞を受賞し,大きな自信になりました。近年は,中学生と一緒になって商品開発に取り組んだりと,活動の幅を広げています。
   上記の取組の他にも,学校行事やボランティア活動での自主的な生徒会活動や部活動,同窓生による講演会や面接指導,外部講師によるビジネスマナー指導,そして学習活動の成果をまとめた発表等,串商生は,商業高校ならではの教育活動を実践することで,社会に貢献する人材となるための基礎力を学んでいます。

   本年度も,これまで積み上げられてきた歴史と伝統を継承しながら,生徒・職員一丸となって,地域に貢献し,地域の期待に応える学校を目指してまいります。
 今後とも,ご理解とご協力,ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

校 長  土 持 正 三