学校紹介

最終更新日 2018年04月23日

本校の特色

1 離島に初めて設置された特別支援学校です。
 本校は,昭和51年4月,中種子町立野間小・中学校「あかつき教場」を県立に移管し,鹿児島県立中種子養護学校として開校しました。以来,種子島,屋久島,口永良部島における障害のある児童生徒に対する教育と特別支援教育の振興に大きく貢献しています。


2 児童生徒一人一人のニーズに応じた教育活動を実践しています。
 本校では,生活の自立及び積極的な社会参加を目指して,児童生徒一人一人の「個別の教育支援教育計画」「個別の指導計画」を作成し,一人一人に応じて有効的な活用をしています。


3 地域に貢献する開かれた学校として,教育相談の自主事業「ひまわり療育相談」を行っています。
 種子島,屋久島,口永良部島における特別支援教育のセンター的な役割を担うために,障害のある児童生徒及び未就学児の相談を受けたり,特別支援教育の様々な情報を教育関係者をはじめ,いろいろな方に提供したりしています。 


4 中種子町の「福祉の里」と称される素晴らしい環境に立地しています。
 学校の周辺には,知的障害児・者施設「社会福祉法人暁星会あかつき学園」,社会福祉協議会事務所,老人福祉センター,老人ホーム,農村婦人の家等が隣接して設置されています。

本校の教育目標

 児童生徒一人一人の教育的ニーズに応じて適切な教育を行い,自立と社会参加を目指す「明るく・なかよく・ねばり強く」生きる人間を育成する。

目指す児童生徒像 

目指す児童生徒像
明るく 学ぶことを喜び,心穏やかな児童生徒
なかよく 周りの人を思いやり,自ら考え行動できる児童生徒
ねばり強く 夢の実現に向けて,目標をもって努力する児童生徒

         

学校経営方針

  1.  高い職責感と人権意識,深い共感性をもって教育を行う。
  2.  一人一人の教育的ニーズに応える授業を行う。
  3.  関係機関や保護者との連携を充実させ,地域に貢献する。
  4.  特別支援教育のセンター的役割を十分に果たす。
  5.  安全・安心な教育環境を整備する。 

努力点

適切な教育課程編成と実施に努める

  1.  小・中・高一貫した教育課程の編成
  2.  「個別の指導計画」「個別の教育支援計画」における目標設定と実践及び評価
  3.  新学期指導要領への対応

児童生徒の夢の実現を意識した授業を展開する

  1.  「個別の指導計画」に基づく目標及び指導内容の共有
  2.  PDCAサイクルの機能化の促進
  3.  専門性の向上につながる研修
  4.  自立活動の充実
  5.  ICT機器の効果的利用

健康・安全な学校づくり,教育環境の整備に努める

  1.  危険の防止や回避に関する意識向上
  2.  危機管理マニュアルの徹底
  3.  安全で快適な環境づくり

生徒指導の充実に努める

  1.  家庭,学園,関係機関との連携
  2.  児童生徒自らが自主的に活動できる機会の設定
  3.  人権尊重を念頭においた児童生徒理解と適切な指導・支援

キャリア教育の充実に努める

  1.  なかようキャリアプランニングマトリックスを生かした学習指導,進路指導
  2.  地域の特性と児童生徒の適性及び発達段階に応じた進路指導

特別支援教育のセンター的機能の充実と開かれた学校づくりを推進する

  1.  交流及び共同学習の充実
  2.  巡回相談,教育相談等の充実
  3.  HP等による情報発信
  4.  各種研修会の実施
  5.  地域の文化,自然,生活の学習化
  6.  関係諸機関との連携