山川高校:校長あいさつ

一人一人を大切に,「元気」「感動」「温もり」のある高校

 山川高校は,昭和23年、山川町立の高等学校として設立されて以来、地域とともに社会に必要とされる人材の育成に取り組んで来ました。昭和36年に県立高校へ移管され、幾多の学科変遷を経て、現在は農業系と商業・家庭系の学科を設置した専門高校として教育活動を展開しています。
 山川高校では生徒と先生が協力して一緒に汗を流し、ともに実習や学習活動を行いながら授業に取り組みます。生徒諸君は数多くの体験学習を通して「共感」と「感動」を味わいながら,「学ぶ意味」を考え,「働く意義」を理解し,自分の可能性へ挑戦していきます。
 地域の皆さんと一緒に活動する行事も数多くあります。そこから,コミュニケーション能力の向上を図ったり,奉仕のこころを学ぶなど,授業とは一味違う学習もたくさん体験することができます。
 生徒自身が学びの中で個性と適性を見極めて、新たな夢と進路を見い出していきます。山川高校に集うすべての生徒がここで学べてよかった,保護者が行かせてよかったと思える学校であり続け,また地域と共に歩む高校であり続けるために,私たち教職員は生徒たちを全力で支え、一人ひとりと向き合う細やかな心配りでサポートする体制を整えてまいります。
 ともに汗をかき,ともに学び,そして感動する,一緒に過ごす3年間で、生徒たちの成長する姿が私たちの喜びです。

学校長

第26代校長 山内 浩