山川高校:教育目標

本校の教育目標

 憲法,教育基本法並びに学校教育法の理念に則り,生徒の心身の発達に応じた普通教育及び専門教育を施し,知・徳・体の調和を図りながら,豊かな心の醸成,確かな学力,地域に根ざした学校活動を推進する中で,心豊かでたくましく生きる人間の育成に努め,平和で民主的な国家の形成,情報化・国際化等の進展に寄与する有為な人材を育成する。

  1. 幅広い知識と技術を身に付け,地域社会と産業の発展に貢献する人間の育成
  2. 心身とも健全で,柔軟な思考とたゆまぬ実践により真理を探究する人間の育成
  3. 個性を尊重し,豊かな感性と創造性に富む,たくましい人間の育成

[校訓]

  • 【自立】:<自主,自立>    
    • 確固たる信念をもって行動し,自己の素質を十分に発揮できる自主・自立の精神に満ちた人間を育成する。
  • 【創造】:<開拓,創造>
    • 自己の能力,適性に応じて努力を継続し,勤労を尊び,責任を重んじ,積極的に創意工夫に努めて新しい領域を開いていく人間を育成する。
  • 【奉仕】:<感謝,奉仕>
    • 常に感謝の心を持ち,正しい礼儀,しつけの習慣化につとめ,相互の敬愛と協力によって,進んで公共のために奉仕する人間を育成する。

 

学校経営方針

  1. すべての教職員の「協働体制」と「和」をもって本校教育目標の具現化を図る。
  2. 園芸工学・農業経済科,生活情報科の特色を前面に押し出し,生徒一人一人が夢と希望を持ち可能性を伸ばす教育を推進する。
  3. 学力向上と心身の健全な育成を図るため,家庭及び地域社会との連携を密に行う。
  4. 生徒の能力や適性,進路の多様化を踏まえ,基礎・基本の学習指導の充実を図り,規範意識の向上に努め,確実な進路指導を推進する。
  5. 豊かな教育的風土・教育環境の中で,すべての教職員が教職の使命を自覚し,地域社会の信頼と期待に応えうる教育実践の推進に努める。