幼稚部

公開日 2017年07月03日

幼稚部の特徴

 幼稚部では通常の幼稚園の教育内容に加えて,自立活動など専門的な教育を行っています。補聴器を装用して「聴く」力を育てたり,体験を通して言葉を増やしたり,発音を明瞭にするために練習をしたりしています。
少人数のクラスでの指導,個別指導,集団での指導など様々な場面で一人一人に応じた指導を展開しています。

幼稚部の努力点

1 保護者との信頼関係を築きながら,教育相談や学習会を通して,幼児の健康で安全な生活環境の在り方や望ましい育て方を具体的に指導・支援する。

2 確かな学力を「いきいきと生活する力」ととらえて,身近な人・環境とのかかわりを通して,獲得できるための授業を行う。また,他学部や寄宿舎,関係機関との連携を積極的に進め,相互に幼児の発達を支援する。

3 幼児一人一人の実態に即した「個別の指導計画」を基に,発達段階を考慮した保育に努める。また,体験的な活動や遊びを通して,幼児の生活経験を豊かにし,言語力の基盤を培う。

4 補聴器の装用を促すとともに,日常生活の中で聴覚を活用する力を育てる。また,個々の実態に応じ,幼稚園・保育所,地域との交流を進めることで,主体的に人とかかわる力を育てる。

幼稚部の一週間の流れ

幼稚部