学校紹介

公開日 2016年09月28日

未来へつながる伝統
 

 屋久島高校は昭和23年に創設された島内で唯一の全日制高等学校です。創設当初からの大きな目標である,屋久島の将来を担う人材の育成はもちろんのこと,国際社会でも活躍できる有為な人材の育成を目指しています。

 創設60年を超える伝統に根差した教育を行いつつ,時代の流れや生徒の実態に応じた学校経営を行っています。平成7年には『情報ビジネス科』を,さらには平成13年には普通科に『環境コース』を設置し,「世界自然遺産屋久島」の自然と環境を基盤においた教育活動を実施しています。また,生徒一人ひとりが生き生きとし,活力と潤いに満ちた特色ある学校,地域に信頼され,地域の期待に応える学校づくりに努めています。

photo1photo2photo3photo4
変化への挑戦

 世界の変化のスピードに対応するため,様々な力が必要とされています。そのため,本校では次の対策がなされています。
 まず,全学年に対する朝課外と土曜講座(月2回)の補習授業を実施し,基礎学力の向上を図っています。また少人数という特性を生かし,教科担任による添削指導や面接・小論文指導など大学受験や就職試験に向けて生徒一人ひとりに対するきめ細やかな指導を行っています。
 環境コースにおいても,研究調査や発表に関わる技能の習得が目標とされてる新しいカリキュラムが設定され,進学を支える体制が整ってきています。
 屋久島高校はこれからも変化への挑戦を続けてい行きます。

photo5photo6photo7
未来の輪を創る

 10年後,20年後の皆さんをイメージしてみてください。島内で就職している人や島外で進学や就職をしている人など様々でしょう。
 どの様な人生設計を立てるにせよ,故郷で育んだ高校時代の友情が,皆さんの人生を支える大きな力となるはずです。また,先輩や後輩,さらに島内外で活躍する同窓生とのつながりが,目には見えない形で皆さんを後押しをしてくれることもあるでしょう。
 人生の基盤となるこの大切な高校時代。未来につながる大きな友情の輪を,ここ屋久島高校で作りませんか。

photo9photo10photo11photo12