理数科紹介

公開日 2017年07月24日

DSC_0009 (2)

 

理数科は

「特色ある教育活動で新時代のリーダー育成」

を目指します。

 

  1.  課題研究をはじめ様々な特別活動を通して,科学的思考力や問題解決力を育成します。
  2.  難関大学への進学にむけて,確かな学力の伸長を図ります。
  3.  高度で先進的な研究の即戦力となる人材を育成します。

理数科生からのメッセージ

 

中高生の科学研究実践活動推進プログラム

 平成28年度,県内で唯一(全国27校,九州3校),日本科学技術振興機構(JST)から中高生の科学研究実践活動推進プログラムの指定を受けました。(平成28年度より3カ年の予定)大学や博物館などと連携して,第一線の研究者から指導を受けながら,高度な科学研究に打ち込むことができます。

 

課題研究

物理班

  「グリーンフラッシュの謎に迫る」

化学班 

  「金属樹の成長について」 「機械に頼らず氷を作るには」

昆虫班 

  「屋久島方言で鳴くツクツクボウシの正体を探る2」鹿大でのDNA解析

  「カワゴケミズメイガの研究」

 

 

 

 

 

地学班

  「錦江湾に出現する層状雲について」

  「昼間に星を見る」

 

平成28年度の主な実績

  • 日本学生科学賞(読売新聞主催) ツクツクボウシ班

     環境大臣賞:国際学生科学技術フェア(アメリカ)に日本代表として参加!

  • 高校生科学技術チャレンジ(JSEC)(朝日新聞社主催) 物理班

     中央審査会 審査員奨励賞(ベスト11)

  • 平成28年度全国高等学校総合文化祭(ひろしま総文)

     昆虫班 自然科学部門 出場 奨励賞(ベスト8)DSC_0389-3

  • 平成28年度県高等学校生徒理科研究発表大会

     最優秀賞(地学・生物),優秀賞(2位)(物理)

      ※ 3部門で平成29年全国高校総合文化祭(宮城)

       県代表決定!

  • 平成28年度九州高等学校生徒理科研究発表大会

     地学部門優秀賞(2位タイ)

  • 平成28年度第18回中国四国九州地区理数科課題研究発表大会

     昆虫班 ポスター部門(生物) 最優秀賞

     地学班 ポスター部門(地学) 最優秀賞

 

科学研究実践講座(サイエンス研修)

  •  1年 : 大学と霧島ジオパークの先生を講師に招き,郷土の自然の成り立ちについて野外観察実習などを行います。
  •  2年 : 各研究班ごとに,関連する分野を研究している鹿児島大学の先生方と研究討議を行い,今後の研究の進め方や,研究発表の方法について専門的な視点からアドバイスをいただきます。

 サイエンス研修1年  サイエンス研究2年

サイエンス研修 1年          サイエンス研修 2年

 

その他の活動

理数科朝礼

  月に1回,理数科の3学年すべてのクラスが集まって,理数科朝礼を実施しています。課題研究の進捗状況や,大会報告を行います。

理数科朝礼

サイエンスフェスタ

 イオン隼人国分店において,サイエンスフェスタを行っています。(平成29年は7月2日(日)に実施)

 毎年,親子連れを中心に,多くの方々が来てくださっています。平成29年度は6つのブースが設置され,2年生は課題研究の班ごとに,1つのブースを担当しました。1年生は受付や各ブースのサポートを行いました。

DSC_0169  サイエンスフェスタ1 (1)

サイエンスフェスタ 準備風景        ルービックキューブ班

カブトムシの贈呈

 サイエンス部(理数科生が全員加入)が,飼育したカブトムシを小学校に寄贈しています。

カブトムシ贈呈

 

理数科教育課程

 教育課程のページをご覧ください。