学校案内

公開日 2018年04月02日

校訓など

校訓


校長メッセージ

田代校長

鹿工(Rokko)のホームページをご覧いただき,誠にありがとうございます。
 本校は,明治41年に開校し、今年110年目と節目の年を迎える、県下の工業高校では最も古い歴史と伝統を誇る高校です。卒業生は、3万2千人を超え、日本の発展を支えるすばらしい人材を世に送り出してきました。卒業生は県内外はもとより海外での活躍も頼もしく,鹿工の名声を全国にとどろかす事となり,おかげさまで16年連続して就職内定率100%を達成するなどこれからもますます進化し続けていく勢いのある工業高校です。
 特に,本校は,全国的にも珍しい「類-系」システムを導入しており,中学生は工業Ⅰ類(電子機械系・電気技術系・情報技術系・工業化学系),工業Ⅱ類(建築系・建設技術系・インテリア系)のいずれかの「類」を受検し,1年次工業全般を学習しながら,2年生への進級前に「系」を選択していきます。進路選択のミスマッチが少ないシステムです。そのような学習形態の中で,日本一の実績を誇る資格取得や,県大会優勝,九州・全国大会出場,全国優勝等,輝かしい成果を挙げている文武両道の工業高校です。これからの未来のために生徒達は体育系22部と文化系12部の部活動や同好会で日々心身を鍛えております。
 また,本校の進路先は幅広く,本人の希望や適正に応じて、一流企業から国公立大学への進学、公務員も含め様々な進路・夢実現が約束されています。さらに,6階建ての新校舎3棟も平成28年度末に完成し、メニュー豊富な新食堂やウォシュレットも完備され、素晴らしい学習環境となりました。中学生の皆さん,鹿工(Rokko)で自らの可能性を大きく開花させ,夢を実現してみませんか。女子生徒も大歓迎です。

                     校長 田代裕一郎

 

学校沿革

明治41年 4月 1日 鹿児島郡立工業徒弟学校設立R
     5月 1日 開校式(第一回合格者 建築科20名,指物科20名,竹籃科12名)
大正 8年 5月28日 鹿児島県立工業学校として草牟田の地に設置
   9年 4月 1日 鹿児島県立工業学校開校(機械科39名,建築科30名,家具科10名入学)
  14年 3月31日 家具科廃止
昭和 2年 3月 5日 鹿児島県立鹿児島工業学校と改称
   4年 4月 1日 機械科・建築科に専修科を設立
   5年 4月 1日 機械科・建築科の三か年制を小学校卒業程度入学の五か年制とする。
   6年 3月31日 専修科を二部と改称
  14年 4月 1日 電気科設置(高等科二年修了程度入学の三か年制1学級)
  15年 4月 1日 第二本科建築科設置(高等科修了程度入学の三か年制)
  17年 4月18日 電気事業主任技術資格第三種認可
  19年 3月31日 第二部廃止第二本科建築科募集停止,電気科三か年制を五か年制とする。
         電気通信科設置
  20年 4月 1日 鹿児島県立工業専門学校が本校に併設されるに伴い,本校電気通信科を昼間授業に
         機械科・建築科・電気科の三学科を当分夜間授業とする。
     6月17日 戦災により本館及び講堂全焼
  21年 3月31日 終戦に伴い,全課程を昼間授業に復し,新たに夜間課程として電気科(四年制)を
         設置。電気通信科を電気科に切り替える。
  23年 4月 1日 鹿児島県鹿児島高等学校第一部と改称
  24年 4月 1日 鹿児島県鹿児島工業高等学校と改称。機械科・電気科を各1学級増設して,各2学級
         となる。
  25年 4月 1日 全日制に工芸科設置(1学級)
         鹿児島市高等学校第四部(定時制)廃校により,同部の建築科・木材工芸科を本校に
         統合,昼間定時制とする。
  26年 3月31日 昼間定時制を廃位し,新たに定時制夜間課程を設置。電気科・土木科の二学科を設置
  27年 6月26日 電気科(電力課程)卒業者(全・定)電気事業主任技術者第三種第一次試験の免除認可
  28年 3月31日 建築科・工芸科の両学科の卒業を以て,定時制昼間課程自然廃止
  31年 3月31日 定時制(夜間)土木科募集停止
     4月 1日 全日制に土木科設置(1学級),定時制に機械科設置
         校名を鹿児島県立鹿児島工業高等学校と改称
  34年 3月31日 定時制土木科廃止
  37年 4月 1日 全日制に工業化学科設置(2学級),全日制機械科・電気科各1学級増設して,
         各3学級とする。
  38年 4月 1日 全日制建築科・土木科,定時制電気科各1学級増設して,各2学級とする。
  40年 7月 1日 新電気事業法における電気主任技術者の制度が施工され,電気科卒業者(全・定)に
         対する第三種一次試験免除廃止。同時に電気主任技術者第三種認定校認可
         (ただし,実務経験3年以上)
  43年11月16日 創立60周年記念式典を挙行
  48年 4月 1日 工芸科をインテリア科と改称
  51年 4月 1日 全日制機械科・電気科各1学級増設して,各4学級とする。土木科・工業化学科
         各1学級を減じて,各1学級とする。定時制機械科・電気科各1学級を減じて,
         各1学級とする。
         高等学校における職業教育の改善及び充実を図る教育課程の研究開発学校として
         文部省の指定を受ける。(3か年)
  52年 4月 1日 全日制機械科・電気科各1学級減じて,各3学級とする。
         全日制土木科1学級増設して,2学級とする。
  53年11月18日 創立70周年記念式典を挙行
  56年 4月 1日 定時制電気科・機械科の募集を停止し,機械電気科1学級とする。
  60年 4月 1日 定時制機械電気科の募集を停止し,機械科とする。
  63年 4月 1日 昭和63・平成元年度「山坂達者」実践推進校として県教委より指定される。
         テーマ「教科体育時における気力・体力づくりの効果的方策」
     5月28日 校訓「精進」「創造」「誠実」を制定
    11月19日 校訓碑除幕式
         創立80周年記念式典を挙行
平成元年 2月 8日 電気科卒業者(平成元3月以降)郵政省実施工事担任者試験(電気通信技術の
         基礎-アナログ三種)の免除認定
     4月10日 平成元年・2年度教育方法の改善(英語)の研究協力校として,県教委から委嘱
         される。
   3年 4月 1日 公立高等学校再編整備第三次計画により,全日制の機械科3学級,電気科3学級,
         建築科2学級,土木科2学級,工業化学科1学級,インテリア科1学級の募集を
         停止し,新たに工業1類(電子機械系2学級,電子工業系2学級,情報技術系1
         学級,工業化学系1学級),工業2類(建築系2学級,建設技術系1学級,イン
         テリア系1学級)設置
   5年 4月 1日 全学年が「類-系」システムとなる。
   7年 4月 1日 産業教育審議会答申による学校間連携事業(連携校・鹿児島西高)の指定を受ける。
         (平成8年度まで)
  10年 4月 1日 創立90周年記念式典を挙行
  11年 4月 1日 定時制機械科募集停止
  13年 4月 1日 新公立高等学校再編整備計画(第一期)により,電子工業系を電気技術系に再編
  14年 4月 1日 全日制工業2類1学級(建築系)を減じて,3学級とする。
  15年 3月 3日 定時制閉課程記念式典を挙行
  16年 4月 1日 寄宿舎(旧西高分)所属替え
     6月 9日 大煙突が文化庁「登録有形文化財」に登録される。
  17年 3月 2日 校内LAN整備
  18年 2月23日 寄宿舎(旧西高分)を大規模改修し,南寮・北寮の2棟となる。
  20年11月15日 創立100周年記念式典を挙行
  21年 2月13日 新屋内運動場竣工
   
22年 7月10日 鹿工会館(同窓会館)落成
   
25年 3月27日 新1号館竣工
   
27年 2月25日 新2号館竣工
   
29年 3月末日 新中央館竣工
  30年 7月 7日 創立110周年記念式典